2005年10月14日

クールス

クールス♪


神話〜MYTH/COOLS R.C.
B00005FNY3クールス THE COOLS R.C.


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



私がクールスにハマッタのは高校生位だったかな〜。

既に館ひろしは抜けてたと思ったけど。

そういえば館ひろしの「ひろし」って当時「廣」じゃなかったっけ?

まわりの友人達は圧倒的にピッピのファンが多かったけど、私はフランクさんが一番好きでした。

邦楽では一番多くレコードを買ってたのがクールス。

部屋に飾ってたアルバムジャケットを見て「怖そうな人達ね〜・・」なんて母が言ってました。


人気blogランキングへ




posted by アフロコーム at 10:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。察するところ同世代なのかな?COOLSは僕の青春のとっても欠かすことが出来ない存在。まだ現役で活躍しているのもすごいですね。今年で31年だそうです。
Posted by bushclover at 2005年12月21日 09:43
bushcloverさん♪

こんにちは。
こちらこそTB有難うございます。
ふふ。同世代っぽいですね!
31年か〜。そんなになるんですね〜。
当時は学校に行く前にマズ、クールス!
帰ってから宿題する時もクールス!
夜ベッドに入ってからも、寝ながらクールス!
思えば部屋に居る時は常にクールスを流してた生活でした(笑)
Posted by アフロコーム at 2005年12月21日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キャロルとクールス
Excerpt: キャロルで幕を開けた日本のドメスティック・ロックンロール・カルチャー。70年代中期から80年代中期の10年間を象徴し、若者達を熱狂させたムーブメントだったことは間違いないでしょう。その中心をキャロルと..
Weblog: RADIO CANARY〜カナリア・ラヂオ
Tracked: 2005-12-20 09:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。